整骨院・鍼灸院|体のゆがみについて

【無料の企業PR広告】
■該当件数5件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ>
TOP > 整骨院・鍼灸院 > 東大前接骨院

体のゆがみについて


よく、体がゆがんでいるから見てほしい、という患者さんがいます。
ただ、人間は癖があって当たり前、ゆがんでいて当たり前なんです。一つしかない臓器もあるし、左右対称なんかではありません。利き手、利き足がありますし、筋肉の発達の仕方も違います。
その人その人の慣れている使い方が長年の生活の中でしみ込んでいるんですね。
痛みが出てないのならそれほど気にすることはないと思います。ただ、ケガの後遺症などで足の長さに差がある、関節の可動域に差がある、筋肉の付き方が明らかにおかしい、などの場合は日ごろから意識してトレーニングなどすることで老化とともに現れる症状を抑えることができるでしょう。
南北線東大前駅から近くの東大前接骨院では、そう言った症状のご相談も受け付けています。腰痛、頸の痛み、膝のトレーニング、慢性痛のお悩みは東大前接骨院へ。
身体のアンバランスが引き起こす症状は確かに存在するので、肩、腰、足、その他の痛みや不具合は早めにご相談ください。肩が気になると言っても肩甲骨の問題だったり、それにつながる背中の不具合、背中につながる首や腰が原因であるケースもあります。
一度でわかる場合もありますし、何度か通っていただくケースもございますが、一番いけないのは何もせずに放っておくことです。痛みが張り付いてしまって取れない痛みに変わる前に。
住所は文京区向丘1-2-12,03-5800-2323です。

文京区の接骨院の中でポインター療法をやっているのは東大前接骨院だけです。身体の歪みや筋肉の緊張を緩める方法で痛みはほとんどない治療になります。骨格矯正というとバキバキ鳴らすイメージを持っている人も多いかもしれませんが、痛みの原因になる場所に優しい刺激を与える痛みのない施術です。筋肉の緊張は背中にあっても原因が骨盤や足にあることもございます。何よりも検査を重視している治療を提供しています。腰痛でもねじりで痛みが出るのか、前屈や後屈で痛みが出るのか、椅子からの立ち座りが辛いのか、座りっぱなしが痛いのか、など徹底的に話を伺って原因を探っていきます。腰痛にずっと悩んでいる方は生活習慣がかかわっていることも多く、野球やバスケットのやりすぎで腰痛になる方や、逆に運動不足で痛みが出る方もいます。身体の変化などで骨が変形して症状が出る方もいますが、自分でのストレッチや腰痛体操で悪化を防ぐことは十分に可能です。こうした体操なども指導しているので腰痛や肩こり、ヘルニアや狭窄症で困っていたら一度治療を受けてみてはどうでしょう?文京区の西片や向丘に患者さんが多く来る接骨院です。東京大学の学生さんも見えていますよ。